読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽記録

つらつらと思ったこと吐く自分の記録的なブログです。音楽のことばっかり書いてます

Loren Connors / Hell's Kitchen Park

f:id:booo0tan4:20160612194358j:plain

Loren Connorsの音楽の印象は孤独だ。

Loren Connorsはアルバムを多く出しているが、その理由の一つとして、一人のギターの宅録で完結できることにある。

それに、恐らく大半の曲は即興で録音している。

1曲1曲が、完結しているとは思えない、その場のノリと感情で演奏したような即興のブルースを聴けるところがLoren Connorsの魅力だ。

自分はこの様な曲が好きだ。

Loren Connorsの様な即興的な曲や、セッション音源なんかの曲が自分は前から好きだった。

学生の頃はジミ・ヘンドリックスにハマってよく聞いていたが、その中でも特によく聞いていたアルバムは、ジミが生前に出したスタジオアルバムよりも、死後に発売されたアウトテイクやセッション音源なんかのブートであった。

スタジオで何十分もセッションを行っている、その曲としての荒っぽさや、展開が読めない緊張感や、それにジミ自身がセッションを楽しむ気楽さも交えたギタープレイが聴けるのが好きだったのだ。と思う。

Loren Connorsと同じく、即興の演奏で共通して言えるのは、弾いているアーティストの感情が伝わってきやすいことなんじゃなかろうか。そこが即興演奏の魅力なんだと思う。

 ギターのテクニックは、一般的にいえば決してLoren Connorsは巧くはないかもしれないが、そこが彼の一番の魅力なのであって、憧れでもある。

Loren Connorsの曲を聴けば、音楽にテクニックは必要ない(失礼)ことを思い知らされる。(いや、それこそが彼のテクニックなのである。)

 

www.youtube.com