音楽記録

つらつらと思ったこと吐く自分の記録的なブログです。音楽のことばっかり書いてます

ANDRE CYMONE / THE DANCE ELECTRIC

プリンスがメジャーデビューをする前からのバンドの一員で、3rdアルバム「ダーティー・マインド」までベーシストを担当していたアンドレ・サイモン。
 
Do Me Babyもアンドレ・サイモンが作曲したんじゃないかとかも確かか分からないが言われている。
彼のアルバムを聞くと、プリンス関連のミネアポリス・アーティスト達の中でも、かなりプリンスサウンドに近くて好きだ。
プリンスサウンドを求めてミネアポリスサウンドに手を出してみたものの、何かしっくりこないと感じてしまう人には、アンドレ・サイモンの82年ソロ1作目 「Livin' In The New Wave」と85年の3作目「A.C.」をオススメしたい。
 
「A.C.」の1曲目「The Dance Electric」には、プリンスがプロデューサー、バッキングヴォーカルにはリサ&ウェンディが加わり、完全にレヴォリューションの延長線上として聞けてしまう。
個人的には「17Days」を思わせるネチっこさを感じるファンクを味わえてツボだ。
 
他にもDo Me Babyの様なメロウな曲まで聞くことができる。
Apple Musicにも揃っているので、是非聴いてほしい。
 
ちなみに「A.C.」のジャケットデザインは、マイルス・デイヴィスの「You're Under Arrest」、マイケル・ジャクソンの「Bad」のデザインを手がけた人物と同じである。
Discogsでは曲のクレジットから、ジャケットのデザイナーまで調べることができるから助かる。